後藤達哉の働き方、生き方、その思考。ぜんぶ。

仕事を楽しみ、輝いて生きる。

自分は「志」でしか働けない。生きられない。

本業でも地方創生に携わることになりました。

やはり人生に無駄なことは何一つない、すべては繋がっている。ということで、頑張ります。

自分のプライベートも鑑みて、声をかけてくれた先輩に感謝します。
 

思えば、、、

一つ目の志、

自分の楽しかった子供の頃の経験から、子供たちを楽しませる仕事がしたい!

→ポケモン(ポケモンHGSS、BW、XYなど)、電通、レベルファイブ(妖怪ウォッチ、妖怪ウォッチぷにぷに)で仕事ができました。


二つ目の志、

自分の社会人一年目の挫折体験から、働く若者のキャリア支援の仕事がしたい!

→自分の想いにぴったりのウォンテッドリーで仕事ができ、上場も経験。その後、自らも本を出版するなど形にすることができました。


三つ目の志、

自分の小田原での生活、子育て等の経験から、地域をよりよくしたい!

→小田原の地域活動(ボランティア)に加え、本業(現職テレビ東京コミュニケーションズ)でも地方創生の仕事に携わることになりました。

本当は小田原のことしかやりたくないんですけどね笑。
でも、他の地域を知ること、日本のことを考えること、しかもそれを、愛を持って自分ごとで関わることは、絶対に良いことだと思います。すべてはご縁ですから。


人生を通じて「志」で仕事ができていることに幸せを感じ、自然と感謝の念を抱きます。

これまでと今、全て周りの皆様のおかげです。ありがとうございます。

また、そんな融通の効かない自分、だからこそ時には耐え忍ぶ時期も(定期的にw)ある自分、にも敢えて、感謝したいと思います。
 

どうせやるなら熱く、本気で働きたい、生きたい。改めて。

もちろん働くことが全てではない。「生活」というものが大事になってくる。目の前の家族、そして自分の「今」が一番大切。

ただ、その言葉に甘んじて、与えられた自分の能力や、与えられた環境を蔑ろにすることは本末転倒。

すべてを中途半端にはできない、と改めて来年の飛躍期に向けて自分の想いを確かめるのでした。