後藤達哉の働き方、生き方、その思考。ぜんぶ。

仕事を楽しみ、輝いて生きる。

徒然なるままに未来を考える #1

働かなくていい世の中(働きたい人は趣味みたいに働く)がベースで、仕組みを構築して、あとは分かち合い、助け合いの世界観なのかもなぁ。

 

シンギュラリティやらがセットで語られていたが、事態は加速している?というか文脈変わらざるを得ない状況?

 

そのほうが安心して「生きる」ことに集中できる気がする。

 

 

例えば、子供産んだりとかも。

 

第二子第三子の(経済的含めた)不安とかメンタルブロックは僕もそうだしある人多いだろうし。このご時世なら尚更。

 

日本はできる?日本はどうする?(てか地球どうする?)試されているのかも。

 

地方からモデルケース的にボトムアップで再興していく日本も間近でみてみたい。