後藤達哉の働き方、生き方、その思考。ぜんぶ。

仕事を楽しみ、輝いて生きる。

『君に副業はできるか?』献本いただきました

f:id:gototatsuya:20200219175045j:image

 

自由研究 代表理事 山田大典様より献本いただきました〜出版おめでとうございます!読んでみます^ ^!

 


コラボイベントにもお声がけいただきました!やりましょー✌️

 


↓こっから自分の話↓

 


僕は、いわゆる「副業」はやったことないけど、仕事をしながらいろんな「活動」をしてサラリーマンでも(だからこそ!?)できることをコツコツとまだ道半ばですが、体現しているつもりです。

 


ライフワークとして、誰もが「自分らしく輝いて」生きられるようなムード作りを目指して発信をしています(根底にある想い)。

 


そのなかでも等身大で語るため「サラリーマンでも自由に生きられる!」というメッセージがコアになります(もちろん価値観を押し付けることはしません。だからこそ出来る限り、傲慢にならないことと、勝手にやってる感(笑)を大事にしてます)。

 


新しい働き方、生き方のモデルとしてコラボできたらいいのかな、なんて勝手にイメージしております。

 

 

僕のなかでの最近アタマに浮かんでいるキーワード

 


・一億総アーティスト社会

・趣味みたいに仕事して、仕事みたいに趣味をする

・サラリーマンだからできるボランティアコンサル

・やっぱりお金<信頼なのかもしれない

・てかもうベーシックインカムもらっとるやん?

・サラリーマンしながら個人事務所を持つ意識

 


このあたり話せる場があれば、行きます!

 

 

 

あと心境の変化としては、個人活動がやっぱり本業にポジティブに跳ね返ってくるとよりよいよなぁと。会社への恩返し的に(現職はもちろん、過去にお世話になった会社にも)。

 


以前は会社の看板なしに肩書き「後藤達哉」であることにコダワリ、自分の活動を仕事と分断してましたが、肩書き「後藤達哉」にコダワリつつも本業とのポジティブなリンクは何かしらの(新しい)カタチでしていけたらと想ってます。(今後の目標)