後藤達哉の働き方、生き方、その思考。ぜんぶ。

仕事を楽しみ、輝いて生きる。

教育

コーチングとセラピーの違い

例えば、あなたが親だとして、子供に対してテストで80点を取ることを期待していたとします。 すると、子供はテストで12点をとってきてしまいました。 あなたなら、なんと声を掛けますか? 「ちゃんと勉強したの?」 「体調が悪かったの?」 「まだ伸び代があ…

はたらくパパの理想像とは?

お爺さんは柴刈りに。お婆さんは洗濯に。パパはお散歩に。 、、、 先日、息子(4歳)と妻の会話が面白かったので(ちょこっと)紹介します。 妻「パパは今日もお仕事行ってるね」 息子「え?違うよ?パパはお散歩に行ってるんだよ」 、、、 あながち間違って…

みんながみんなシゴトでココロオドルには!?「新しい教育」の定義をしてみたよ!!

僕が現在所属しているウォンテッドリー 。 そのミッションは、 シゴトでココロオドルひとをふやす。 そのためには、 「自律」「共感」「成長実感」が大事、としている。 それを自社社員がそれを体現しているのもそうだし、サービスとしてもそんな環境を得ら…

新卒一括採用の闇と、真のキャリア教育(自由度の定義と、世間の価値観という落とし穴からの展開)。

「自由度」の定義とは何か? それは選択の幅である。 選択の幅を広げることは、自分の価値観を知る良い機会にもなる。 ひとは選択肢の中からしか、人生を選べない。 だから、選択肢を広げ、可能性を広げることは大いに結構なことだ。 例えば、大学に入るとい…

僕が今14歳だったら描く、キャリアにつながる受験戦略。

キャリアにつながる受験の話。 本当に自分に合った仕事に就くには、自分を知ること。 自分を知るためには、自分と向き合うこと、選択肢の幅を広げること。 人は、自分が知っている中からしか、自分の人生を選べない。 この辺りを念頭に置きながら、僕が今、1…

就職活動と働くことについて

就職活動で何が得意か何が好きなのかを聞かれ、答えられない自分に気づく。そんなことは今まで考えたこともないし、気にしたこともなかった。ただただ、目の前の受験勉強に身を捧げるしかない若者時代。 半年間で無理くりこさえた自分の「軸」そんなものは、…

小学校のキャリア教育について

今は就職、転職などの出口のところをやっているけれど、入り口のところは今どんな状況なんだろうと興味を持って「小学校 キャリア教育」と調べてみた。 こちらが平成24年に登録されている。http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/23/12/attach/1314525.htm 社…