後藤達哉の働き方、生き方、その思考。ぜんぶ。

仕事を楽しみ、輝いて生きる。

点を打ち続けるとまちが変わる!

点を打ち続けるとまちが変わる! むりにまとめたり、線にするんじゃなくて、点を打ち続ける。 移住したての頃はまとめる人がいないよね〜とか思ってたけど、点が積み重なっていく様が良さだったりするわけで、と今では思っている。 自発的にやる人がそれだけ…

35歳になりました

今朝、不意に早起きしてしまって、妻に誕生日の朝に早く起きるなんて子どもやん、とツッこまれました(笑)たしかにワクワクしすぎました 35歳も変わらず、気負わず、しっかり仕事して、小田原も楽しみつつ、趣味の本づくりもまたやっていきたい。 年内コツ…

小田原の未来を語る

いよいよ明日! https://facebook.com/events/s/%E5%B0%8F%E7%94%B0%E5%8E%9F%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%E4%BA%BA%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%82%AD%E7%99%BA%E5%85%83%E6%B0%97%E3%81%A6%E3%81%99%E3%81%8A%E3%81%9F%E3%82%8F%E3%82%89726%E6%97%A5/2854250558…

頑張りすぎなあなたに贈る、自分を認めるための4つのステップ

久々に心理学、自己啓発寄りのハナシを。 条件付き承認とか無条件承認とかありますね。 無条件で自分を認めろ!まずはそこからや!とか。どうやったらええねん、と。 ここ何年か流行りの、自己肯定感というやつですね。 その承認にも段階があることを知った…

傍流こそが、次の本流を生み出す時代。

仕事の話。もう5ヶ月が経って、来月下旬で半年になる。なので、少し整理しようかと思う。 今まで色んなところに顔を出して、未経験なりの壁のぶつかり方はあれど(周りの方々のフォローもあり)、概ね順調と言えるかなと。なし崩し的に進んでいくところでな…

今回の市長選挙を目の当たりにして自分に訪れた心境の変化

1年とか4年とかで結果がでることより、死んだ後に結果がでることのほうが価値があるんじゃないか?と思うようになった今日この頃。 例えば子供たち世代、その先のために。評価は歴史にしかできない。だったら自分の意思でやりたいかどうか、だ。 半年とか一…

久々のポエム

去年後半に自分の今生での私欲をやり切ったあと、年末からのスランプを経て、出版とか作家ってことに(あとYouTubeもw)やっと執着しなくなって底を抜けた感。 懐かしの底抜けエアライン。今じゃまさかのピコ太郎。マネーの虎にも出てたよね。 、、、 毎年毎…

タンクトップ卒業します。

去年、本を出してやりきった感があります。個人として伝えたかったことは一旦伝えきってしまい、伝えたいことがないのです。 またタンクトップによる出落ち感というか、自分の中身のなさにも嫌気がさしたのもあります。あとは、僕は一人ではなくみんなでなに…

回り回って何者でもない自分へ。

僕は自信がなかった。 小さい頃から。 いつも何かに怯えていた。 だから、好きなことより、できることを優先させてきた。 大人になって、それにより磨きがかかり、とうとう自分がわからなくなった。 期待、実績、肩書き、ブランド、、、積み上げて積み上げて…

徒然なるままに未来を考える #2

マスメディア、というかテレビは古き良き時代からの大衆のものと見せかけて今はあまり「個人」にむいてない気がしていて。 というか(ビジネスだからある程度仕方ないのだけど)クライアントがtoBで、視聴者もそれに紐づく形になっている。 つまり大企業のサ…

徒然なるままに未来を考える #1

働かなくていい世の中(働きたい人は趣味みたいに働く)がベースで、仕組みを構築して、あとは分かち合い、助け合いの世界観なのかもなぁ。 シンギュラリティやらがセットで語られていたが、事態は加速している?というか文脈変わらざるを得ない状況? その…

祈り、則天去私。

今こそ自分軸だな〜。これまでの価値観が強化されていく感覚。あるいは、崩壊していく場合も。だけどそれも急じゃない。だんだんと。どちらにせよ悪いことでも恐れることでもありません。 なにを失ったかではなく、なにを得たかに目を向けたい。得られたもの…

不安解消に有効な2つのメンタル術

コロナの話はSNSでは意識的に避けてきましたが、自分の気持ちの整理も含め投稿させていただきます。 いま国の判断というより民間企業の方がスピード感を持って、一生懸命在宅にしたり懸命にやってる印象。けど、全体しっかり止めないとそれも水の泡になるの…

再放送的な。こんなご時世だから立ち止まってみる。

自粛ムードの中、根本的に自分にとって 働くとは? 生きるとは? を考えている方もいるかもしれません。 そんな時はコイツを傍らに置いてやってください。僕のタマシイです。 去年の10月に出た本です。 構想は4年前、書き始めたのは2年前なので、今の僕の…

小田原での生活も3年目に入りました。

小田原に妻子と越してきて2年が経ちました(もっと経ってるような感覚もありますが)。 引越し早々から移住の文脈や、最近では出版の文脈(ときにはタンクトップの文脈?)でお声がけいただき、いろいろな繋がり、コミュニティでお友達もだいぶ増えました。 …

ジョブホッパーの定義

ワーカホリックとニートを繰り返す(やりきる)=ジョブホッパー。 瞬間瞬間にバランスを崩す行動を起こすことで人生のバランスを取る。 またの名を燃え尽き症候群、あるいはサイヤ人的な生き方と言う。 続けられないってイメージから「やりきる」ってポジテ…

YouTubeは稼げるのか?今からでも遅くないのか?

YouTubeだけでは今後、稼げないと言われている。 だけど、本業にシナジーを生み出す手段としてのYouTubeは有効。 なので、今からでも参入は遅くない、というのが大筋の見解。 お店であれば、その集客に。 コンサルであれば、新規顧客獲得に。 では、タンクト…

神様に使われたモン勝ちみたいなとこある

やりたいことって、いくつになってもなかなかみつからない。やりたいこと探し、自分探し、向いてること探しに悩んでいる若者も多いだろう。いや、若者だけでなく中年の人だからこそ悩む、そんな時代かもしれない。 僕は本などでも、やりたいことを考えるので…

本に関する質問第1位

「自分で書いたんですか?」 はい、自分でもびっくりするほど書きました。 年末の新聞の取材でも語りましたが、2回ほどボツってるので3回(3冊分)書いて20万字ぐらい書いたと思います。 その間、人生もいろんなことがあり、本当に出版を通して、成長できま…

『君に副業はできるか?』献本いただきました

自由研究 代表理事 山田大典様より献本いただきました〜出版おめでとうございます!読んでみます^ ^! コラボイベントにもお声がけいただきました!やりましょー✌️ ↓こっから自分の話↓ 僕は、いわゆる「副業」はやったことないけど、仕事をしながらいろんな…

「痛み」が「やさしさ」を育てる

ここのところSNSでも弱気というか愚痴っぽい投稿が続いてしまっている。 特に身体的な調子が上がってこず、メンタルも引っ張られてしまっている実情。 だけど気持ちだけでも前向きに、と決めたので、ここで、痛みや、挫折、苦境をポジティブに捉えることを試…

ブレブレでいこう。冬眠から覚めたとき何かが起こる。

SNS辞めるとか言って一カ月で再開。Twitter(@gototatsup)もまたゼロからはじめました。 YouTubeはタンクトップ着て筋トレの話一切しないとか言ってダイエットや筋トレの話をしてみてもいいんじゃないかとか考え直してみたり、むっちゃブレブレで生きてます…

後藤達哉がテレビ業界で「今」働く意味

後藤達哉の再出発 来週からまた東京に通います。前職はスタートアップで働き方もかなり自由でしたので、リモートワークも織り交ぜながらでしたから(感謝してます)、久しぶりに週5で新幹線通勤となる模様。慣れるまでしばし耐えます。そんな人生の季節。な…

年始に目標を掲げたり追ったりしすぎない

年始に神社でおみくじをひきました。 そしたら、古きを捨て、新しきをはじめよ、、、みたいなこと書いてあって。大晦日ブログにも書いたとおり昨年はデビューの年だったはずなんだけどまだ何かはじめるのかぁ、と面食らいました。 結構、いろんなもの捨てて…

小田原100人カイギに登壇します

「小田原100人カイギ」に登壇することになりました。 小田原に住んでからは移住文脈で色々とお声がけいただいてましたが、最近は「本」の文脈でお声がけいただくことが増えました。 今回も地元メディアの「本」の取材の流れでお誘いいただきました。 出版し…

自由の本質

テレビの未来について書こうと思ったけど、そのまえに転職活動を経て思うことシリーズ。我思う故に我あり。 すごく自由な日々を過ごしている。 束の間だが、何にも属さず、何度目かの余暇。 “何者でもない自分” 若かりし時分にずいぶんと憧れた響き。 自由は…

転職、しばらくやめます。

そもそも僕は会社を辞めたくて会社に入っているわけでは無い。続けられるならそれが一番である。まずはじめに、誤解されないように、断っておく。 僕は飽きるか、自分がやらなくてもいいじゃん、と思ったら(このふたつはほぼ同義であるが)、その仕事を辞めて…

後藤達哉の2019年は3つのデビューの年でした!【今年の振り返り】

後藤達哉の2019年は何といっても「デビューの年」でした。 ※年末年始の挨拶っぽく家族の写真使ってみる 33-34歳の年にまさか、こんなにデビューが続くとは思わなかった。 健康な状態で、仕事もあって、その上で趣味と言うか活動と言うか、そこでデビューが…

【レポート】法政大学キャリアデザイン学部での出版記念授業!

先日、法政大学のキャリアデザイン学部で出版記念トーク登壇してまいりました^^ 田中教授とは私がWantedly在籍時からのお付き合いで、「大人の友達」って感じの尊敬する先輩です。その田中教授が私の出版を記念してセッションしましょうということで、授業の…

「人物風土記」タウンニュース(小田原・箱根・湯河原・真鶴版)に掲載

先日、タウンニュースさんに取材をいただきまして、とても素敵な記事を書いていただきました。 「人物風土記」もちろん存在は知ってましたが、小田原に移住してきて約2年、こんなに早いタイミングで、声をかけていただけるとは思ってなかったので、とても光…