後藤達哉の働き方、生き方、その思考。ぜんぶ。

仕事を楽しみ、輝いて生きる。

置かれた場所で咲かなくていい!

YouTubeの台本書いてたら、ブログでもいけそうだったので、掲載します。 喋ってるみたいに書いているから、むしろ読みやすいかも? 文字で読みたい人はブログで、動画や音声がいい人はユーチューブで。 ここに書いてない一発ギャグが見たい人はぜひYouTubeで…

出版!タイトル確定!発売日ほぼ確定!

表紙と帯の最終チェックちう。 タイトル確定しました! 続けない働き方。 キミを解き放つ、たったひとつの方法 です! わざと日本語としてオカシイのですが、その敢えての違和感と、「。」を付けることでひとつの言葉にしてます。 とにかく、今悩んでる人を…

「自由」であるためにやっている唯一のこと

帰国途中の飛行機で書いている。なのでエモめだ(いつもか)。初心に帰れたのでここに記す。 僕は肩書きや地位や約束された(用意された)道を意識的に捨ててきたつもりだ。あえてヒラ社員で入れてくれ、といって入った会社もある。 僕は人生、積み重ねより…

僕は詩人の顔と闘牛士の体とを持ちたい

筋トレほど孤独な競技はないです。 自分で決めたルーティンでトレーニングを行い(例えば週3、胸肩、背中腕、脚と部位を分けてやる)、減量期には自分で決めたルーティンで食事をこなす。 さらに、カロリー計算(僕はあんまりやってないですが)、食事やサ…

僕が作家を志した理由(ワケ)

中学1年生の夏休み。僕は父の住む北海道に向かっていた。その道中で手にした本、それが『人間失格』だった。 言わずと知れた太宰治の代表作であり自伝的小説である。また、多感な青春時代、思春期に読んではいけない本、トップクラスの作品でもある。 これを…